妊娠中ケノン

妊娠中授乳中でもケノンは使えるの?

 

日頃の脱毛処理が面倒だなと感じる女性の多くは、脱毛サロンに通う方が増えています。しかし、脱毛サロンも1回で済むわけではなく、部分脱毛でも複数回通わなければなりません。全身脱毛処理をしようと思うとますます時間が掛かります。そして、サロンの予約を入れたりと意外と時間を奪われてしまうものです。

 

日々忙しい方にとって手軽に脱毛処理をするならば、家庭用の脱毛機器ケノンがおすすめです。いつでも自宅で気脱毛処理が綺麗な仕上がりになります。サロンよりも弱い出力となっているので、安心して使用できますし、自宅でできる手軽さから脱毛サロン通いをやめる方も多いです。

 

また女性にとって気になるのは、妊娠中や授乳中のムダ毛です。ケノンのフラッシュはそのものが体に悪影響があるわけではありません。毛根や毛乳頭に働きかける程度のもので、体の深い部分にまでの影響などは心配はありません。

 

しかしメーカーでの使用上の注意としては、妊娠中、授乳中の使用を控えるよう注意書きがされています。妊娠中の身体は日ごろの状態とは状態が異なります。日頃お肌が丈夫な方であっても、妊娠中になると敏感になったりデリケートになる場合があります。

 

また、ホルモンの状態が変化することによって、女性の場合は生理中にも敏感になる場合があるため、体質によっては避けたほうが良い方もいます。そのため、ケノンは安全に使える商品ですが、妊娠中、授乳中の使用は控える事をおすすめします。

 

ケノンは授乳が終わってから使用をしましょう。ケノンのフラッシュによる照射自体が、体内の赤ちゃんなどに悪影響を及ぼす事は有りません。しかし、無理をして妊娠中や授乳中に脱毛処理を行うと、お肌の状態が良くない事で、脱毛効果も得られない場合があります。

 

どうしても使用したい方は、医師に相談の上使用して下さいという注意もなされていますので、自己判断での使用の前に必ず専門医で受診することをお勧めします

 

詳細はここから
脱毛器ケノン